はじめてのクレジットカードの過払い金請求

はじめてのクレジットカードの過払い金請求

クレジットカード

これまでに一度でもクレジットカードのキャッシングを利用したことがあるなら、だれにでも発生している可能性がある過払い金

しかし、クレジットカードで過払い金が発生していても、クレジットカード会社が教えてくれることはありません。過払い金を取り戻せるのは、過払い金があるかを調べて、過払い金請求した人のみ。

では、過払い金があるかはどうやったらわかるのか、また、クレジットカードの過払い金請求をすることで、日常生活にどんな影響があるのでしょうか。

はじめてクレジットカードの過払い金請求をする場合、確認しておくべき注意点がありますので、クレジットカードの過払い金請求をする前に、しっかりポイントを押さえておいてください。

また、このページで紹介する、クレジットカードの過払い金請求で、できるだけ多くの過払い金を少しでも早く取り戻す方法を知っておくことで、労力を使わずにスムーズにクレジットカードの過払い金請求ができるでしょう。

1)クレジットカードで過払い金が発生しているかがわかるチェックポイント

クレジットカードで過払い金が発生しているケース、つまりクレジットカードの過払い金請求をするには以下の2つの条件があります。

  • クレジットカードの「キャッシング枠」の利用であること
  • クレジットカードを2007(平成19)年より前に使ったことがある

クレジットカードの「キャッシング枠」の利用

条件のひとつめは、クレジットカードのキャッシング枠を利用していること。クレジットカードで過払い金が発生するのは、キャッシング枠の利用においてです。クレジットカードでキャッシングしたことがあれば過払い金が発生している可能性があるんです。ここで、キャッシング枠とショッピングで使う分の違いをちゃんと確認しておきましょう。

クレジットカードのショッピング利用分とキャッシング枠の違い

買い物のカート

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカードでATMから現金を引き出すことができる利用枠のこと。

クレジットカードを作ると自動的に使えるようになるもので、キャッシング枠の利用限度額は自分で設定できるようになっています。

キャッシング枠はショッピングで利用できる分の一部なので、ショッピングの利用限度額を50万、そのうちキャッシングの利用限度額を20万と設定している場合において、キャッシング枠で限度額いっぱいの20万利用すると、ショッピングで利用できるのは残りの30万になるという具合です。

クレジットカードのキャッシング枠の利用は、一時的にクレジットカード会社からお金を借りることになるので、消費者金融からお金を借りることと同じです。

クレジットカードのショッピングで使った分では過払い金請求ができない理由

キャッシング枠の利用に対して、ショッピングでクレジットカードを使うのは、お金を借りたことにはなりません

日用品もインターネットで買えるようになったいま、クレジットカードで支払う機会は非常に増えていますよね。しかし、通販を含むショッピングや飲食などの利用では過払い金は発生しません。

ショッピングで使うクレジットカード払いは、クレジットカード会社に一時的にお金を立て替えてもらっている「立替金」です。そのため、キャッシング枠利用のような「借金」ではないのです。

過払い金は、借金で発生する支払わなければならない利息を、法律で定められている割合より余分に支払ってしまった分のことですから、過払い金は借金したときにしか発生しないんです。

クレジットカードを2007(平成19)年より前に利用

クレジットカードの過払い金請求ができる条件のふたつ目は、2007年より前にクレジットカードを使っていたかどうかです。過払い金は、過払い金は余分に払ってしまった利息なので、クレジットカード会社が、法律の割合内に利息を設定しなおした2007年以降の借金には、過払い金が発生することはありません

借金の利息の上限は利息制限法という法律で定められている15%~20%。それよりも多い利息は違法な設定で、クレジットカード会社に払い過ぎていたということになります。過払い金請求でしっかり取り戻さなければなりません。

まとめますと、「2007年より前にクレジットカードのキャッシング枠を使っていた」場合は過払い金がある可能性が高いということになります。

しかし、クレジットカード会社から「利息を多くもらっていました」とお知らせが来ることはありませんので、過払い金を取り戻すには自分から動くしかありません。「自分には過払い金があるかもしれないけど自信がない」という場合でも、過払い金があるかどうかの調査だけはしておいて損はないでしょう。

過払い金があるかどうかの調査は、専門家が無料で行っています。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求ができるクレジットカード会社

過払い金請求ができるクレジットカード会社を一覧で紹介しますので、自分が使っているクレジットカードについて、違法な金利で設定されていた頃のおおよその金利を、注意点とともに確認してみてください。

法定金利は15%~20%で、それよりも高い金利であればあるほど、過払い金が多く発生しているということになります。

クレジットカード会社 金利 備考
エポスカード(旧丸井・マルイ) 27% ゼロファーストも
セゾンカード 24%~29%
オリコ オリコカード・アメニティ・UPty(アプティ)なども
ニコス(三菱UFJニコス) 19%~29%前後 ニコスカード・マイベスト・DCカードなども
セディナ 28%前後(セディナ) 旧OMC・旧セントラルファイナンス・旧クオークなども
イオン(イオンクレジット) 29%前後
ニッセン(マジカルカード) 29%前後
アプラス 21%~29%前後 キャッシング専用のアプラスパーソナルローンも
クレディセゾン 24%~27.8%前後 セゾンカード、UCカードなども
ライフカード 27%前後
JTBカード 27.8%前後

一覧にあるクレジットカード会社のクレジットカードでキャッシング枠を使ったことがある方は、いつ頃使ったのかを思い返してみてください。

使っていたのが2007年よりも前であったなら、過払い金が発生している可能性があります。

こんな人でもクレジットカードの過払い金請求はできる

クレジットカードの過払い金請求ができるのは、「2007年より前にクレジットカードのキャッシング枠を使っていた」場合です。「当てはまるようだけど、自分には過払い金があるはずがない」「過払い金請求ができないかもしれない」などと思われている方は、以下を知っておいてくださいね。

  • クレジットカードの借金(キャッシング枠の利用金額)が少なくても過払い金請求はできる
  • クレジットカードの契約書やカードをなくしてしまっても過払い金請求はできる
  • クレジットカードを解約してしまっていても過払い金請求はできる

過払い金が発生するかしないかは、借金額の多い少ないは関係ありません。また、もし契約書などの書類をなくしてしまっていても、貸金業者名がわかれば、過払い金があるかどうかの調査はできますし、過払い金があった場合は、過払い金請求をすることが可能です。

さらに、クレジットカードを退会してから過払い金請求することもできます。そのため、「解約してしまったクレジットカードに過払いがありそう」という方も、「2007年より前にクレジットカードのキャッシング枠を使っていた」のであれば、すぐに専門家に相談してください。ゆっくりしていて時効になってしまえば、自分のお金を取り戻す権利が失われてしまいます。

過払い金が多く発生している可能性が高いケース

「リボ払いでも過払い金は発生するの?」と心配される方もいますが、リボ払いでも過払い金は発生します!

また、クレジットカードをリボ払いで返済している場合は、過払い金が多く発生している可能性が高くなります。

リボ払いは、クレジットカードの返済方法の一つで、毎月決めた金額の返済する方法です。借金額が増えても減っても、決めた金額の設定を変えない限りは返済額が変わりません。そのため、返済額を自分で設定することができるので家計への負担がかかりにくい、毎月の返済額の把握がしやすい、といった特徴があります。

しかしながら、リボ払いを利用している方が、返し終わるまでの期間が長期間にわたる傾向がありますので、多くの過払い金が発生している可能性が高いのです。

クレジットカード会社の収益源

話がそれていしまいますが、そもそもクレジットカード会社はどうやって成り立っているのかをちょこっとみておきましょう。

クレジットカード会社の収益源は、クレジットカード払いを可能とする加盟店からの手数料です。

加盟店でクレジットカードを使ってショッピングすると、手数料分が差し引かれてクレジットカード会社から振り込まれます。手数料を払ってでも加盟する加盟店のメリットは、消費者が手持ちの現金がないときでも購入可能となるので購入機会を増やせることでしょう。

しかし、現金払いでもクレジットカード払いでも、商品やサービスの金額は同じにする決まりがあるので販売価格は同じものの、ポイント数が違うなどの差別化がおこなわれていることはご存じの通りです。クレジットカード会社への手数料の支払いは、できるだけ抑えたいという加盟店の思惑でしょう。

クレジットカード会社はショッピング利用分における手数料だけでは経営が苦しく、キャッシングによる貸付もおこなうようになりましたが、グレーゾーン金利が見直されたことによって、過払い金請求の対応で厳しくなっているところもあります。
そのため、ショッピングで分割払いやリボ払いをすすめるなどしているというわけです。

2)クレジットカードの過払い金請求のタイミング

できるだけ多くの過払い金を少しでも早く取り戻すなら

クレジットカードの過払い金請求をいつするのか、そのベストタイミングは「いま」です!

クレジットカードの過払い金請求で、できるだけ多くの過払い金を、少しでも早く取り戻したいなら、可能な限り早く過払い金請求をすることです。

なぜなら過払い金請求をするタイミングが遅くなればなるほど、過払い金を取り戻せなくなる可能性が高まるだけだからです。

過払い金請求には期限があるので、いつまでもできるわけではありません。期限が過ぎてしまうと、過払い金が発生していたとしても1円も取り戻すことはできません。あとから「実は過払い金が100万円あった」とわかったとしても、どうすることもできないのです。

また、当たりまえですが、クレジットカード会社はできるだけ過払い金を支払いたくはありません。そのため、過払い金請求をしてもスムーズに対応してくれないことがあります。できるだけ多くの過払い金を取り戻したいなら、過払い金の返還をしぶるクレジットカード会社に対しても、主導権を握って交渉できて、多くの過払い金を取り戻すことができる、過払い金請求の実績が豊富な専門家に依頼してください。

「自分には過払い金があるかどうかわからない」という方でも、専門家に相談して調査だけはしておくべきでしょう。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

クレジットカードの過払い金請求の期限

過払い金請求には期限があって、最後に返済をした日から10年で時効が成立してしまいます。しかし、クレジットカードの過払い金請求の期限は、とてもわかりづらくなっています

たとえば、自分では10年以上取引していないと認識していても、クレジットカードの年会費を払い続けていた期間は、取引が継続しているとみなされることがあります。この場合は、時効が成立していないので過払い金請求をすることができる、ということです。

そのため、自己判断で「時効が成立しているはずだから」とあきらめないで、専門家に調査を依頼してみてはいかがでしょうか。過払い金の調査は無料でおこなわれていますので損することは何もありません。

3)事前に知っておくべきクレジットカードの過払い金請求の影響

ショッピングで使った分の利用残高によってはブラックリストにのる

ブラックリストにのるかどうかを気にしていて、ショッピングで、クレジットカード払いを一度でも使ったことがあるなら、注意すべきことがあります。それは、キャッシング枠の過払い金があった場合、戻ってくる過払い金はショッピングで使った分の支払いに充てられるというという点です。このとき、過払い金でショッピング利用の残高を支払いきれなかった場合は、借金を減らす債務整理という手続きになってブラックリストにのることになります。

クレジットカードの過払い金請求は、キャッシング枠が対象ですが、キャッシング枠はショッピング枠の一部なので、キャッシング枠以外のクレジットカードの利用を無視することはできないのです

クレジットカードの過払い金請求で、ブラックリストにのりたくない

ブラックリストが気になるならクレジットカードの過払い金請求をする前に、ショッピングで使った分の残高をまずは確認すること、そして、過払い金がいくらあるのかを調査することです。

それによって、ショッピングで使った分の残高が、戻ってくる過払い金よりも多いのか少ないのかがわかります。

もし、過払い金のほうがショッピングで使った分の支払い残高より少ない場合は、支払い残高を支払い切ってゼロにしてから過払い金請求をすればブラックリストにのりません。

ただこの判断も、過払い金がどのくらいになるかが正確にわかれば、わざわざショッピングで使った分を支払い終わるまで待つ必要はないかもしれません。過払い金がいくらあるのかの調査は、専門家の無料診断を利用してください。

過払い金は、自分で計算することもできますが、計算にミスがあるとブラックリストにのるのらないの判断を誤ることになります。自分の計算上では過払い金のほうが多かったのに、いざ過払い金請求をしてみたらブラックリストにのってしまった、ということになりかねません。

複数のブランドを持つクレジットカード会社への過払い金請求に注意

ニコスやセディナなど、複数のクレジットカードのブランドをもつ会社においては、ひとつのブランドのみ過払い金請求をすることはできません。クレジットカード会社に過払い金請求すると、同じ会社のすべてのブランドのカードが過払い金請求の対象となります。

たとえば、OMCの過払い金請求をする場合は、セントラルファイナンスやクオークにショッピングの支払い残高があると、過払い金で相殺されるということです。

つまり、過払い金請求する際には、同じカード会社の全てのブランドのクレジットカードの支払い残高が、戻ってくるはずの過払い金よりも少ないかどうかを確認してきましょう。

自動車ローンを別途契約している場合の過払い金請求に注意

自動車

また、オリコやアプラスなどで、自動車ローンなどを別途契約しているケースなどにも注意が必要です。オートローン(自動車ローン)では業界一ともいわれるオリコに過払い金請求する場合は、オートローンの残高が過払い金請求で戻ってくる過払い金よりも大きい場合は車が引き上げられてしまいます。

そうならないためにも、過払い金の調査をしていくらの過払い金が発生しているかを知っておかなければなりません。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

ブラックリストにのるとどうなる?

ブラックリストにのると、約5年間は新規でクレジットカードを作れなかったりローンの審査に通りづらくなったりします。ローンの審査は勤続年数、雇用形態、年齢なども考慮されますので、ブラックリストにのっているかだけが指標になっているわけではありませんが、少なからず影響は与えます。

しかし、ブラックリストにのるのは一定の期間だけです。

ブラックリストにのるとは、信用情報機関に事故情報が登録されることをいいますが、登録されている期間は5年から7年なので、この期間が過ぎれば、過払い金請求をしたクレジットカード以外であれば、新規でクレジットカードを作ることができて、ローンを組むこともできます。

過払い金請求をするとクレジットカード使えなくなる?

クレジットカート

「過払い金請求をするとクレジットカードが使えなくなるんじゃない?」と思われる方が多いのですが、クレジットカードが使えなくなるのは、過払い金請求をしたクレジットカード会社のカードのみです(過払い金請求をしたクレジットカードは解約扱いになりますが、新規でクレジットカードの作成の審査は通ることもある)。

過払い金請求をしたクレジットカード会社以外のクレジットカードであれば、過払い金請求をしたあとでも使うことができますのでそれもほど問題ではありませんね。

ただ注意してもらいたいのは、過払い金請求をしたクレジットカード会社のグループ会社のカードも使えなくなる可能性がある点です。どこがどこのグループ会社かということはなかなか意識していないので、「グループ会社であることに気づかず、使えなくなってしまった」ということがあるかもしれません。過払い金請求の専門家に相談すれば、どこがどこのグループ会社かはすぐわかりますのでこういった注意点もすべて教えてくれます。

過払い金請求をするクレジットカードは引き落とし先として使えなくなる

クレジットカードの過払い金請求をすると、過払い金請求をする会社のクレジットカードは使えなくなります。過払い金請求をするクレジットカードが、スマホ料金やwifi料金、電気・ガス・水道の料金の引き落とし先、ネットでの映画視聴やECサイトの利用カードになっている場合は、支払いが滞って日常生活に支障をきたすことがないようにほかのクレジットカードにあらかじめ変更しておいてください。

また、変更されていないまま過払い金請求をすると、引き落とし額が確定するまでクレジットカード会社と過払い金請求の交渉がストップしてしまうので、過払い金請求に時間がかかってしまうことにもつながります。

少しでも早く過払い金を取り戻して手続きを終わらせるためにも引き落とし先の変更は済ませておきましょう。

過払い金請求をするクレジットカードのポイントは使えなくなる

クレジットカードには、クレジットカードを使えば使うほどポイントがたまるポイントシステムがあります。ポイント目当てにクレジットカードを利用する方も多いかと思いますが、クレジットカードが使えなくなれば、当然ポイントも使えなくなります。

せっかく貯めたポイントが無駄になってしまうことがないように過払い金請求をする前に、ポイントは使い切っておくようにしてください。

4) クレジットカードの過払い金請求の流れ

過払い金の計算を依頼する

過払い金がどのくらい発生しているのかを、調査します。過払い金の調査は、専門家の無料相談を利用するのがよいでしょう。

自分で過払い金がどのくらいあるかの調査も可能ですが、専門家に調査を依頼するのがおすすめです。その方が計算ミスもなく確実だからです。過払い金の診断でお金がかかるならともかく、無料のサービスなのでつかわない手はありません。

過払い金請求を依頼する

過払い金の無料診断で過払い金があることがわかったら、専門家にクレジットカードの過払い金請求を正式に依頼します。

依頼を受けた専門家は、クレジットカード会社に、過払い金請求の手続きを受任したことを通知します。通知以降、クレジットカード会社とのやりとりは、専門家がおこないます。

専門家がすべての手続きをおこなうことで、依頼者はこれまで通りの日常生活を送れることができます。そのため、過払い金請求をすることで、借金していたことや借金していることが、まわりに知られることはありません。

過払い金請求をする

クレジットカードの過払い金請求の手続きの依頼を受けた専門家が、クレジットカード会社に過払い金返還請求書を送付。クレジットカード会社と交渉して、発生している過払い金のうちどのくらいが取り戻せるか、いつ返還されるかを交渉して決めます。

どのくらいの過払い金が戻ってくるかや、いつ戻ってくるのかは、専門家の交渉力によって異なります。交渉力があるほど、戻ってくる過払い金の額は多くなって、早く戻ってきますので、過払い金の実績のある専門家に依頼してくださいね。

5) クレジットカードの過払い金請求で評判の事務所ランキング

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ