過払い金請求で返済中(未完済)でもできるだけ多く取り戻す方法

過払い金請求で返済中(未完済)でもできるだけ多く取り戻す方法

過払い金請求を検討している方の場合、

  • すでに完済している
  • いま借金を返済中(未完済)
  • 一度完済したあと、再び借入して返済中(途中完済)

というケースがありますが、時効が成立していなければ、上記のいずれの場合でも過払い金請求することができます。

なかでも、返済中の過払い金請求の場合、できるだけ多くの過払い金を取り戻したいなら何よりも先にやらなければならないことがあります。過払い金請求ができなかったり、取り戻せる過払い金が少なくなってしまうことがないよう、返済中の過払い金請求でやるべきことを確認していきます。

1) 返済中の過払い金請求で多く取り戻すために最初にやるべきこと

借金を返済中の過払い金請求の場合、正確な過払い金の引き直し計算が何よりも重要です。引き直し計算を間違えてしまうと、過払い金請求ができなかったり、返ってくる過払い金が少なかったりしてしまいます。そのため、まずやるべきことは正確な引き直し計算です。

過払い金の正確な引き直し計算によって、返済中の借金の額よりも過払い金が大きいのか少ないのかをまずは把握してください。

過払い金の引き直し計算を自分でやると、計算はできたとしても、それが正確な過払い金額かどうかの確認は難しいものです。正確な過払い金の引き直し計算は、専門家による過払い金の無料診断を利用してください。

過払い金の金額がわかれば、借金の額よりも過払い金が大きいのか少ないのかがわかるので、過払い金請求するべきベストなタイミングが変わります。

返済中の過払い金請求で正確な過払い金額を知りたいなら

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

2) 借金返済中の過払い金請求をするベストタイミング

2)-1 いますぐ過払い金請求した方がよいケース

過払い金請求の専門家に依頼して引き直し計算をした結果、過払い金があることが分かったなら、すぐに過払い金請求すべきケースがあります。

延滞していたり返済がくるしい場合

現在返済中の借金を延滞していたり、毎月の返済額を用意するのに生活費を削って捻出しているなどくるしい場合は、すぐに過払い金請求してください。

過払い金請求をすれば、戻ってきた過払い金を借金の返済に充てることができるので、必ず返済が楽になりますし、専門家に過払い金請求を依頼することで、貸金業者からの督促がストップします。

過払い金請求をするかどうかで迷われる理由として、ブラックリストにのることをあげられる方がいますが、延滞している方はすでにブラックリストにのっています。そのため、過払い金請求をして、借金額を少しでも減らして返済生活を少しでも短くすることを目指すべきです。

返済がくるしいときに過払い金請求するメリット:借金の返済中がストップ

借金を返済中に過払い金請求をする場合、司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼すれば借金の支払いが一旦ストップします。

その間に、過払い金の額を計算して貸金業者に過払い金請求します。貸金業者と交渉して、返還される過払い金の額がわかったら、借金の返済に充てることになります。そして、過払い金を充てても残った借金については、これからかかる利息をゼロにする交渉をして、残った借金の元本を返済してく流れです。

返済がくるしいときに過払い金請求するメリット:督促がストップ

返済が止まる、つまり貸金業者からの督促もなくなります。専門家に過払い金請求を依頼した場合、貸金業者との交渉は、すべて専門家が代理でおこなうことになります。そのため、貸金業者と直接やりとりする必要がなくなります。

過払い金が借金よりも大きい場合

引き直し計算をしてみた結果、返さなければならない借金の残高よりも過払い金の額が大きい場合は、すぐに過払い金請求してください。

戻ってきた過払い金で借金を完済できるので、ブラックリストにのりませんし、お金が手元に残ります。過払い金請求することで借金がなくなって、手元のお金がプラスになるので、完済できる場合の過払い金請求はデメリットが何もありません。

いますぐ過払い金請求するなら過払い金の無料診断から

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金が借金よりも大きいのに完済にならないケースがある

過払い金は、クレジットカードのキャッシングの利用でも発生している可能性がりますが、クレジットカードの過払い金請求では、過払い金請求するカード会社でショッピングの利用がないかどうか確認する必要があります。

キャッシング枠の返済分を過払い金で充当できたとしても、ショッピング枠で支払い残高があると完済にならない場合があります。キャッシン枠の返済分とショッピング枠の支払い残高をあわせると、戻ってくる過払い金よりも多くなる場合は完済扱いにならないのです。

ブラックリストにどうしても乗りたくない場合は、完済してから過払い金請求する必要がありますが、ここでも重要になってくるのは過払い金がいくらあるのかを知っておく過払い金の引き直し計算です。完済になるタイミングは引き直し計算をすることでわかります。

2)-2 借金を完済してから過払い金請求してもよいケース

借金の返済のメドが立っている場合は、借金を返済してから過払い金請求するのが良いでしょう。

完済してから過払い金請求すれば、ブラックリストに載ることがないからです。
とくに問題なく順調に返済できている場合は、まずは借金を返済してしまうのがいいかもしれません。

しかし、完済できるメドがたっている場合でも、過払い金がいくらあるかを事前に把握しておくと戻ってくる過払い金をどのように使うか、計画を立てることができますので、あらかじめ正確な引き直し計算を専門家に依頼しておくほうが賢明です。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

3) 返済中の過払い金請求はメリットが大きい

3)-1 過払い金請求してもローンに影響はない

返済中(未完済、完済前)の過払い金請求では、戻ってくる過払い金で残りの借金を完済できれば、ローンの審査に影響はありません。新規でローンを組むことができます。

ただし、住宅ローンや車のローンの審査はブラックリスト(信用情報)に載っていないことだけが条件ではありません。年齢、勤続年数、健康状態、雇用先の状況など、チェックされるのはさまざまな項目になることは知っておきましょう。

3)-2 借金の返済や督促がストップ

専門家に過払い金請求を依頼した場合、現在返済中の借金の支払いは一旦ストップします。つまり、督促もストップします。そして、利息制限法を基に過払い金引き直し計算をして、貸金業者に過払い金請求をします。戻ってきた過払い金は借金に充当します。

過払い金を充当することで、借金が少なくなったりゼロになったりします。

3)-4 完済した借金から過払い金請求

返済中(未完済、完済前)借金のほかに、完済した借金がある方もいるでしょう。その場合、まずは、完済した借金の過払い金請求から先に手続きしてしまうことをおすすめします。完済した借金の過払い金請求をすることで、返済中の借金に戻ってくる過払い金を充当できるためです。

充当することで、借金が少なくなって、過払い金が多ければ借金がなくなる可能性もあります。

4) 注意しなければならない借金返済中の和解

借金の返済中に、貸金業者に交渉して利息をなくてもらったり下げもらったりするとき「和解」を持ち込まれることがあります。その際、過払い金請求しないことが盛り込まれている場合があります。

この場合、後から過払い金が発生していることが分かったとしても過払い金請求することができません。また、和解を提案されるのは、過払い金が発生しているためである可能性もあります。貸金業者が過払い金請求をされないように、先に和解してしまうのです。貸金業者との和解の際には、内容にご注意ください。

5) 返済中の過払い金請求とブラックリスト

5)-1 ブラックリストに載る可能性がある

借金を返済中に過払い金請求をして、戻ってきた過払い金を借金の返済に充当しても借金が残た場合、借金の減額をする債務整理(任意整理)という手続きになります。債務整理は、ブラックリストに載ります(信用情報機関に事故情報が登録される)。

事故情報の登録は、5年ほどで削除されるので、削除されたら新たに住宅ローンや車のローンを組んだり、クレジットカードを作ることができます。

ブラックリストとは取引情報が記載されているもの

ブラックリストというリストがあるかのように思われるかもしれませんが、実際にはそのようなリストが存在しているわけではありません。

新たにクレジットカードをつくったりローンを組んだり貸金業者から借りると、「信用情報機関」に「個人信用情報(名前や勤務先などの個人情報から、未婚・既婚などの属性、年収や借入れ・返済などの取引情報)」が登録されます。

そして、借金の返済が遅れたり、借金が返せなくなって債務整理をおこなと、信用情報に「延滞」や「契約見直し」などのマイナスイメージとなるような情報が「事故情報」として登録されます。事故情報があると、お金を貸すと返済に問題ある可能性があると判断されます。そのため、事故情報が信用情報に登録されている状態のことを「信用情報に傷がつく」あるいは「ブラックリストに載る」といわれたりしています。

ブラックリストに載ると戸籍に記載される、選挙権がなくなる等と、心配する方もいるようですが、ブラックリストに載っても戸籍に記載されたり、選挙権がなくなったりすることは一切ありません。

自分の信用情報が気になる方は、信用情報機関から登録情報を開示してもらうことができますので、個人信用情報記録を確認してみるといいでしょう。

ブラックリストに載るとできなくなること

消費者金融やクレジットカード会社、銀行といった貸金業者は、お金を貸してほしいと利用者から申込みがあると、信用情報機関にその利用者の信用情報を照会します。そして、これまでにどんな取引をしていて、返済に滞りがなかったか、お金を貸しても問題なく返済してもらえそうかを確認(審査)します。

ブラックリストに載る(信用情報に事故情報が登録される)とおおよそ5年間は、新たにクレジットカードをつくったりローンを組んだりすることができなくなります。ただし、事故情報は一度載ったら永久に載ったままというわけではありません。おおよそ5年で事故情報は削除されるので、削除されたら、新たにクレジットカードをつくることやローンを組むことができます。

過払い金請求は完済後だけではなく、いま現在借金返済中の場合でも行うことが可能ですが、借金を返済中の場合、ブラックリストに載ることを恐れて、過払い金請求を躊躇される方もいます。

しかし、ブラックリストに載ることよりも、今苦しんでいる借金が楽になる方が、確実に負担は軽くなります。ローンが組めなかったりカードが作れなかったりするより、今目の前の借金が減ったりゼロになることのほうが、断然メリットは大きいと思いませんか?

また、過払い金請求した会社から借りることはできなくなりますが、借金する必要が出てきたら、過払い金請求した会社と別の会社から借りることは可能です。

6) 返済中の過払い金請求で多く取り戻すことができる事務所ランキング

返済中に過払い金請求する場合は、できるだけ多くの過払い金を取り戻すようにしましょう。

戻ってくる過払い金の額は、どの専門家に依頼しても同じではなく、交渉力によって異なります。

また、実績豊富な専門家であれば、ひとつひとつ手順はもちろん交渉そのものもスピーディに対応できますので過払い金の額が大きくなるうえに、より早く過払い金が戻ってくることになります。

交渉力があることがわかれば、貸金業者も最初から長期化させることは避けてきます。

「借金返済中で過払い金請求する」という方は、過払い金請求を何度も経験している事務所にご相談ください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ