クレジットカードのリボ払いの過払い金請求

クレジットカードのリボ払いの過払い金請求

貸金業者は、利息制限法で定められている金利より高い金利で貸付をしていた時期がありました。その時期に借金をリボ払いで返済をしていたなら、過払い金が発生しています。

借金の時期が、2008年以前の場合は、利息制限法で定められている15~20%を超える利息を払っていた可能性があり、リボ払いでも分割払いでも一括返済でも過払い金が発生している可能性があるのです。

なかでも、リボ払いはいくら使っても毎月の返済額が変わらないので月々の負担が変わりませんが、高い分割手数料や金利がかさんでしまうのが特徴です。そのため、リボ払いで返済をしていた場合は、分割払いや一括返済よりも、多くの過払い金が発生している傾向にあります。

1)クレジットカードのリボ払いと分割払いの大きな違い

リボ払い(リボルビング払い)は、借金額に関係なく、毎月の返済額が変わらない支払い方法で、借金の返済方式の一つです。リボ払いの特徴は、支払い期間が長期化することです。リボ払いと比較される分割払いは、借金額が増えれば、毎月の返済額も増える点が、リボ払いとの違いです。

リボ払いによる借金も、過去に年利20%を超える金利で返済していた場合には、過払い金請求の対象になります。ただしショッピングリボは、過払い金請求の対象にはなりません。

リボ払いで過払い金請求ができるのはキャッシング利用のみ

リボ払いで過払い金が発生するのはキャッシングの場合に限定されています。

クレジットカードのキャッシングは、ATMから現金を引き出すことができるサービスで、貸金業者からお金を借りたのと同じように「借金」をしたことになります。借金を返済した時の利息が、「利息制限法」という法律で定められている上限を超えていた場合は、多くの「利息」を払い過ぎていたことになるので、過払い金請求の対象になります。

ショッピングでクレジットカードを利用した場合は、クレジットカードを発行している信販会社が、代わりにショッピング代金を支払ってくれている「立替金」にあたるので、借金ではありません。

過払い金は、「借金」の「利息」を払った場合に発生するので、立替金では発生しないのです。

クジレットカードの分割手数料は利息ではない

クレジットカードで買い物をすると、クレジットカード会社が一時的に立て替えて商品代金を支払ってくれて、翌月以降に銀行口座から立て替えてもらった金額が引き落とされます。この場合、翌月一括払い(マンスリークリア)で場合は、手数料がかかりません。しかし、「割賦販売契約」に当たる3回以上の分割払い、2カ月を超えるボーナス払い、ショッピングリボ払いでは手数料がかかります。 3回以上の分割払い2カ月を超えるボーナス払い、ショッピングリボ払いにかかるのはショッピング手数料で、利息ではありません。

ショッピング手数料は、カード会社によって金利手数料や実質年率〇%のようにいわれます。 そのために、利息と勘違いされることもありますが、ショッピングでクレジットカードを使うのは借金ではなくて立替金扱いです。そのため、ショッピング手数料は、利息ではないので、利息制限法の対象外となって、過払い金は発生しないのです。

利息制限法は、クレジットカードのショッピングのような信用販売について定めたものではありません。ショッピングでクレジットカードを使う「立替金」では、たとえ高額で買い物をして、長い年月リボ払いで支払っていても過払い金の対象にはなりません。

ショッピングリボの手数料

クレジットカードをショッピングで利用する立て替え払いは、「信用購入あっせん」にあたり「利息制限法」ではなくて「割賦販売法」という法律の管轄になります。割賦販売法では、手数料の定めはありません。しかし、2010年以降は、クレジットカード業界内で手数料率について、日本クレジット協会の「包括信用購入あっせんに関わる自主規制規則」で、クレジットカードの手数料率が出資法の上限金利(20%)を超えないよう努めるように、と定められていて、自主規制されています。

そのため、現在はショッピングリボも、利息制限法で定められている上限金利内で利息が設定されていることがほとんどです(以前はクオークのショッピングリボなど、実質根年率が20%を超えるような「リボ手数料」をとっているケースがありました)。

利息制限法で定められているキャッシングの利息よりも、ショッピングの手数料が高ければ、ショッピングでクレジットカードを使うメリットがなくなってしまいます。

2)過払い金請求できるリボ払いの借入れ条件

2)-1:利息制限法を超える利率でお金を借りていた

過払い金請求は、利息制限法(お金を貸すときの上限利息は15%~20%)の利息を超える利息でお金を借りていた場合に、払い過ぎた利息である過払い金を「不当利得返還請求権」で取り戻すことです。 なお、リボ払いで過払い金が発生するのは、クレジットカード会社が利息制限法より高い利息を設定していた2008年より前よりお金を借りていた場合です。

2)-2:借入期間が一定以上

キャッシングを返済中の場合は、過払い金が発生していると返済することが優先される決まりがあるので、返済額を超える過払い金がある場合は、超えた分を請求することができます。具体的には、だいたい5年以上の返済期間があれば、過払い金が発生している可能性が高くなります。

2)-3:完済後10年以内であること

さらに、換算している借金の過払い金請求をする場合には、過払い金請求権には10年の時効があるので、完済後10年以内に過払い金請求をしなければ権利が失われてしまいます。

2)-4:過払い金が発生している可能性のあるクレジットカード会社

  • 三菱UFJニコス(旧日本信販)
  • クレディセゾン(セゾンカード)
  • セディナ(旧セントラルファイナンス、OMCカード、クオーク)
  • イオンクレジットサービス(イオンカード)
  • オリエントコーポレーション
  • アプラス
  • ライフカード
  • エポスカード
  • ジャックス

3)クレジットカードのリボ払いで過払い金請求をする前にやるべきことと知っておくべきこと

3)-1:過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

過払い金請求をしたクレジットカードは、利用できなくなります。

また、過払い金請求をしたクレジットカードの同じ系列のグループ会社のカードも作れなくなる可能性がありますが、判断はクレジットカード会社によって異なりますので、グループ会社のクレジットカードであれば、作ることができる場合もあります。

別会社のクレジットカードは使用できる

過払い金請求をしたら、どのクレジットカードも使えなくなるわけではありません。過払い金請求をしたクレジットカード会社と別会社のクレジットカードであれば利用できます。

過払い金請求するクレジットカードにおいては過払い金請求する前に、ポイントは使い切って、公共料金や携帯電話代の支払いは別のクレジットカードにするなど支払い方法を変更しておかなければなりません。

3)-2:ショッピング利用分で残高があると過払い金で返済することになる

過払い金が発生するのは、キャッシング利用分についてですが、過払い金請求するクレジットカードでショッピング利用していた場合は、ショッピング利用分の残高を無視することはできません。

もし、ショッピング利用分で残高がある場合は、過払い金請求すると発生した過払い金をまずはショッピング利用分の残高返済に充当されます。このようにショッピング利用の残高があるときに過払い金請求をすると、借金を少なくする「任意整理」という債務整理のひとつとして扱われます。

任意整理となって、もしショッピング残高の方が発生している過払い金よりも多かった場合は、ブラックリストに載りますが、過払い金の方が多ければブラックリストに載ることはありません。

ブラックリストに載らないためには

クレジットカードの過払い金請求でブラックリストに載らないためには、ショッピングの残高がない状態で過払い金請求するか、ショッピングの残高よりも過払い金が多い状態で過払い金請求する必要があります。

過払い金がどのくらい発生しているかは、過払い金請求する前に過払い金を計算することで知ることができますので、過払い金請求する前に専門家による正確な過払い金調査が必須です。

3)-3:クレジットカードの過払い金請求は時効がはっきりしない

過払い金請求には、最後に返済した日から10年という時効あります。時効が成立すると過払い金が発生していたとしても請求できなくなるので戻ってくることはありません。

過払い金請求の時効は、クレジットカードのキャッシングでも消費者金融からの借金でも同じ考え方なのですが、クレジットカードの場合は最後に返済した日から10年過ぎても時効にならない場合があります。それはクレジットカードの年会費を支払っているかどうかです。

キャッシング利用分の返済は10年以上前に終わっていても年会費を支払っていると取引が続いているので時効が成立していないものと判断されるケースがあるのです。この判断は、裁判官によって異なるので明確な基準があるわけではありません。そのためクレジットカードの過払い金請求の時効は、自分で判断せず専門家に相談しなければなりません。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

消費者金融での借金でも過払い金請求の時効があいまいなケースがある

クレジットカードだけではなく、消費者金融でも過払い金請求の時効があいまいになる場合があります。それは複数回お金を借りたり返したりを繰り返している場合です。

消費者金融からお金を借りるときには、基本契約を結びますが、返し終わってからまた新たにお金を借りたときに、最初にお金を借りた契約と同じ内容で取引をすると最初と同じ取引とみなされる場合があります。 本人は、返してから10年過ぎていると思っていても、まだ時効が成立していないとみなされるケースがありますので、時効の判断は専門家に任せる必要があります。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

クジレットカード会社が得をするリボ払いの仕組み

返済期間が長びくのがリボ払い

リボ払いは、使った分が多くなっても毎月同じ額を返済する、クレジットカードやカードローンの返済方法です。衝動買いで大きな買い物をしてしまっていても、毎月返済する額は一緒なので管理がしやすいという意味で人気です。しかし、いくら使っても毎月定額の支払いで済んでしまうので、支払いが長期に及んでしまいがちです。

長期化すると利息や手数料が大きくなりますので、返済していても元本がなかなか減りません。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ