過払い金請求できる?できない?

過払い金請求できる?できない?

過払い金が発生する条件と過払い金請求が発生しないケース

貸金業者の多くは2007年ごろまで利息制限法の上限金利を超える金利、20%以上で設定していたので、以下のような場合は過払い金が発生している可能性が高いでしょう。

  • 今は完済しているけど2007年ごろまで借金があった
  • 今借金を返済中で、2007年より前から借りている
  • 借金の利息が20%以上だった

1)過払い金が発生する仕組み

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は本来、利息制限法の上限金利(15%~20%)で貸付をおこなわなければなりませんが、かつて、貸金業法第43条1項で定められた、一定の条件(利息を任意に支払っていたなど)を満たせば、利息制限法ではなく出資法の上限金利29.2%を超えない金利での貸付が認められていました。

この利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は、黒でも白でもないグレーゾーン金利といわれて、借りていたお金の額によって異なります。

借金額10万円以下の場合は20%以上29.2%未満、借金額10万円~100万円未満の場合は18%以上29.2%未満、借金額100万円以上の場合は15%以上29.2%未満がグレーゾーン金利にあたります。

借金額 グレーゾーン金利
10万未満 20%以上29.2%未満
10万~100万円未満 18%以上29.2%未満
100万円以上 15%以上29.2%未満

グレーゾーン金利でお金を借りていた場合は、利息を払いすぎていたということになるので、過払い金が発生しています。借りていたお金の額が大きいほど発生する過払い金は大きくなります。

2010年(平成22年)6月17日に法改正がなされて、利息制限法と出資法の法律の金利の差はなくなったので、グレーゾーン金利は廃止されました。法改正以降に借入をしても過払い金は発生することはありません。

2)過払い金が発生する条件

貸金業者の多くは2007年ごろまで利息制限法の上限金利を超える金利で設定していたために、2007年以前に借金をしていた場合は、過払い金が発生している可能性が高いといえるわけです。また、金利である利息はお金を借りた時点で設定されるので、返済が法改正後の2010年以降つづいていたとしても過払い金は発生します

「もしかしたら自分にも過払い金があるかもしれない」と思われた方。「自分が借りていた時の金利がわからない」という方。過払い金があるかどうかの調査、自分の金利がどのくらいだったかを調査するのは無料ですので、専門家に過払い金計算をご依頼ください。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金が発生しているのか、いくら発生しているかを調べるには

過払い金が発生しているのか、いくら発生しているかは、引き直し計算をすればわかります。

引き直し計算にには、過払い金請求する貸金業者から、借金の履歴がわかる取引履歴を取り寄せます。取引履歴をもとに、正しい金利で計算する(過払い金の引き直し計算)と、支払った金額と正しい金利による支払うべき金額に差額が発生します。これが過払い金です。

過払い金が発生していて、時効前であればすぐに過払い金請求をしましょう。

ただし、過払い金請求をする前に確認しておくべきことがあったり、過払い金の引き直し計算で計算ミスをしないことが重要です。過払い金請求の注意点はひとりひとりの借金状況で異なりますので、過払い金請求の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。相談だけで依頼するかどうかはまた別途考えればOKです。

過払い金請求を自分でやる条件

過払い金請求は自分でやることもできます。条件は特にありません。しかし、自分で過払い金請求をする場合、専門家に依頼する場合に発生する、弁護士や司法書士への支払い発生しませんが、労力と手間がかかります。

自分で過払い金請求をするには、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、過払い金が発生しているかどうかを計算し(過払い金の引き直し計算)、貸金業者と交渉する必要があります。

自分で過払い金請求をすると、本来、取り戻せるはずだった過払い金の額よりも少なくなったり、過払い金が返還されるまでに、非常に多くの時間がかかったりします。過払い金の引き直し計算を間違えたり、貸金業者が、個人からの過払い金請求の対応は専門家の対応より後回しにされる傾向にあるからです。

3)高額の過払い金が発生している条件

過払い金はたとえ少額であったとしても過払い金請求するべきですが、過払い金が高額になる条件を紹介します。

  • 大きな額のお金を借りている
  • 長い期間お金を借りている
  • 2社以上の貸金業者からお金を借りている(多重債務)
  • 借金を繰り返している(自転車操業)
  • 利息の返済しかできていない(元金が減らない)

大きな額のお金を借りている

お金を借りるときには利用限度額が設定されますが、利用限度額が大きく、借りたお金の額が大きいほど利息の額も大きくなります。そのため、大きな額を借りている場合は過払い金が多く発生している可能性があります。

5年以上お金を借りている

貸金業者から借りて完済した後に、もう一度借りている人もいると思います。一つ一つの借金の期間は短くても完済と借入を繰り返していると、すべてが一つの取引と判断されて、長期間にわたる取引をしているとなる場合があります。その場合は、短い取引がたくさんあるとみられるよりも過払い金は多くなります。

では、どのくらいを長期にわたって取引をしているというかというと、目安としてはおおよそ5年といわれています。約5年にわたってずっと取引していたことがある場合は、引き直し計算をしてみると借金は返し終えていて、過払い金が発生している可能性が高いです。

この状態で貸金業者に、返済がくるしいので毎月の返済条件について問い合わせると、「これからは元金だけ返済してください」もしくは 「今後は返済しなくてよい」といわれることがあるようです。この場合は間違いなく過払い金が発生している状況といえるでしょう。貸金業者が返済を免除するのは理由があるからにほかなりません。

ここで注意してもらいたいのは、貸金業者からの和解書にサインしないことです。和解書には、過返済義務もないし、過払い金請求の権利もないという条件が入っているからです。もしここでサインしてしまうと、過払い金が発生していても過払い金請求することができません。

「これからは元金だけ返済してください」もしくは「今後は返済しなくてよい」などといわれた場合は、これまでの取引履歴を開示してもらって過払い金が発生しているかを確認するべきです。

2社以上の貸金業者からお金を借りている(多重債務)

2社以上の貸金業者からお金を借りている方も多いでしょう。1社あたりで借りているお金の額は小さくても、すべての貸金業者で借りているお金の総額は大きくなるので、その分過払い金の総額も大きくなる傾向にあります。

借金を繰り返している(自転車操業)

借りては返してを繰り返している方は、自分が持っているお金より大きい額を返済しています。返済日に手持ちのお金では足りないからと、べつの貸金業者から借りて支払っている場合、つまり自転車操業になっているなら、それだけ多くの借金があるということですから、過払い金の額も多くなっています。

利息の返済しかできていない(元金が減らない)

毎月の返済が苦しいために、返済額を少なくしていると毎月の負担は少なくても利息分しか返していない状況になっている可能性があります。この場合は、いくら返しても借金額が減っていないので、払いすぎた利息である過払い金の額も多くなります。もし10年近く利息だけの返済しかできていない場合は、過払い金が多く発生しているでしょう。

4) 過払い金請求ができる条件

借金を返し終わっている(完済している)場合

  • 時効前(完済後10年が経っていない)
  • 貸金業者が倒産していない

過払い金請求には最終取引日(借金を返し終わった日)から10年という期限があるので、10年経つと時効になります。たとえ過払い金があっても、完済してから(借金を返し終わってから)10年が過ぎていると、過払い金請求ができなくなってしまいます。

また、過払い金請求の時効が成立していなくても、借金をしていた貸金業者が倒産してしまった場合も過払い金請求ができなくなってしまいます。

借金を完済している場合は、過払い金請求の時効が成立する前で、貸金業者が倒産していないことが、過払い金請求ができる条件になります。

完済している場合、過払い金請求によるデメリットはありません。時効が成立する前に、そして貸金業者が倒産する前に、一刻も早く過払い金請求しなければなりません。過払い金請求をするには、まずは過払い金がどのくらいあるかを引き直し計算をしてください。

過払い金請求は一日でも早く、とよく言われるのは時効があるため。時効が成立してしまったら、いくら過払い金があったとしても取り戻すことはできません。

「思い立ったあの時に、すぐ過払い金請求の相談をしておけばよかった」と後から後悔することがないように、過払い金がある場合はすぐに専門家に相談するべきです。「過払い金があるかどうかがわからない」「時効になってしまっているかもしれないけど、記憶があいまいでわからない」という場合でも専門家に相談すれば、過払い金があるかも時効が成立していないかも調べてくれます。

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金をいま返済している場合

  • 貸金業者が倒産していない

いま借金を返済中である場合は、現在も取引中になりますので、時効を気にする必要はありません。

しかし、お金を借りている貸金業者が倒産してしまっては、過払い金請求はできなくなります。取引中の場合、貸金業者との関係を気にして過払い金請求しづらいという方もいますが、過払い金請求は払いすぎたお金を取り戻す、正当な権利です。

5) こんな場合でも過払い金請求はできる

  • クレジットカードのキャッシングを使ったことがある
  • いまも借金を返済中(完済していない)
  • 自己破産している

過払い金は、クレジットカードの利用においても発生します。クレジットカードを作るとキャッシング枠という、お金を借りることができる枠が自動でついてきます。このクレジットカードのキャッシング枠を使っていた方は、貸金業者からお金を借りていたのと同じになるので、返済する際には利息が発生しています。そのため、その利息が20%以上だった場合は、過払い金請求できます。

また、過払い金請求は借金返済中でも問題なく手続きを進めることができます。むしろ返済中の場合は、過払い金請求することで借金が減ったり、なくなったりする可能性があるので、すぐにでも過払い金があるかどうかを調査するべきでしょう。

自己破産した方でも、自己破産前に20%以上の金利でお金を借りていれば過払い金請求できます。時効で取り戻すことができなくなってしまう前に専門家に無料相談してみてください。

6) 過払い金が発生しないケース

過払い金が発生しないケースも確認しておくと、

  • クレジットカードのショッピング利用
  • 車のローン
  • 自動車ローン
  • 信用金庫、労金

これらで過払い金は発生しません。過払い金は、お金を借りたときにつく利息を払いすぎてしまった場合に発生するものなので、お金を借りているケースではない上記の状況では、過払い金は出ません。

また、メガバンクの銀行、地銀、信金のカードローンは過払い金が発生しません。過払い金は「貸金業規制法(現在は「貸金業法」)」という法律で、細かい要件を満たせば、利息制限法の金利より高くてもお金を貸すことができていたため、発生するものです。しかし、メガバンクの銀行、地銀、信金は貸金業法ではなく「銀行法」もしくは「信用金庫法」が適用されます。そのため貸金業法適用外なので、利息制限法の金利より高い金利で貸し付けしていたことがありません。つまり、過払い金が発生しないのです。

なお、三井住友や三菱、りそななど銀行系のカードでは過払い金が発生している可能性があります。

過払い金請求ができない条件

  • 利息制限法に基づく正しい金利の借金(モビット、あっとローンなど)
  • 完済してから10年たっているので時効が成立している
  • 2010(平成22)年6月18日以降の借金
  • 貸金業者の倒産

利息制限法に基づく正しい金利の借金

過払い金は、利息制限法の上限金利(15~20%)以上のグレーゾーン金利を払っていた場合に発生します。そのため、利息制限法の範囲内の金利(15%~20%)で取引をしていた場合には過払い金は発生しません。グレーゾーン金利で利息を設定していた貸金業者も、2007~2008年には、利息制限法に基づく正しい金利に設定しなおしているので、それ以降の借金では過払い金は発生しません。

完済してから10年たっているので時効が成立している

過払い金請求は完済してから10年たつと時効が成立します。過払い金請求が発生していても、借金を返し終わってから10年たっていると、過払い金をまったく取り戻すことができません。

2010(平成22)年6月18日以降の借金

改正貸金業法が2010年6月18日に施行されてから、貸金業者が設定するべき上限金利が20%になりました。2010年6月17日までは出資法の上限金利である29.2%までの金利が許されていたので、過払い金が発生している可能性があります。

そのため、2010年(平成22年)6月18日以降の借金には過払い金は発生しませんが、2010年6月以前の借金には過払い金が発生している可能性が高いでしょう。

貸金業者の倒産

過払い金請求をする人が多くなっていることで、消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者が経営不振で倒産することが多くなりました。そのため、貸金業者が倒産する前に過払い金請求をしなければなりません。

大手だからといって安心できません。ご存じの通り、あの有名な武富士も倒産しました。貸金業者が倒産してしまっては、過払い金が発生していたとしても、1円も取り戻すことができません。また、経営不振になると取り戻せる過払い金の額も少なくなる可能性があります。過払い金請求をするならすぐにでも、と言われるのはそのためです。

7) 過払い金請求は専門家に依頼した方が良い理由

なかには過払い金請求について、専門家に相談することに身構える方がいらっしゃいますが、過払い金請求を自分でやらずに専門家に依頼する方は大勢います。なぜなら、過払い金請求には、取引履歴の開示手続き、複雑な過払い金計算、金融業者との交渉など難しい手続きが数多くあるので、自分でやるには手間も時間も必要だからです。

また、過払い金請求を依頼した方は、依頼したらすべて専門家に手続きをまかせられるので、もっと早くに依頼してしまえばよかった、いう方がほとんど。

専門家に相談するのは敷居が高い、借金のことは話したくない、借金をしていることを諭されるかもしれない、などと思われる方もいるようですが、絶対的に、メリットの方が大きいといえます。

  • より多くのお金が戻ってくる
  • 貸金業者への返済や督促がストップ
  • 家族や会社に内緒で手続きできる

8) 過払い金請求の流れ

  • 専門家に相談
  • 専門家に依頼(受任)
  • 専門家が貸金業者と交渉
  • 貸金業者から過払い金の返還

専門家に依頼したら、通常の生活をして、過払い金の返還の連絡を待つだけです。

過払い金請求できる?できない?からのお知らせ

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ